RECRUIT

採用情報

オーダーメイド製品に特化したもの作り

私たちはブラインドやロールスクリーン、ロールカーテンなどの窓回り製品を製造しています。

一口にロールスクリーンと言ってもその形や性能は千差万別です。500柄以上の生地からお客様がカタログから選択し、窓を採寸してから発注するいわゆる「フルオーダー方式」を採用しています。
幅は20cm~3m、高さは10cm~5m迄「0.5cm」単位でオーダー可能です。1日500台、90%以上手作業で生産しています。

勤務地のご紹介

主な仕事内容

ブラインド・ロールスクリーン製品の製造が主な仕事です。
製品が完成するまでには5つの製造工程をほぼ手作業で進めていきます。

それぞれの工程を以下にご紹介します。

工程-1

切断

ロールスクリーン製品のメカ部となるアルミ材を回転カッターで切断します。

次に超音波切断機を使用してロールスクリーンの生地をお客様のオーダー通りの幅、高さに切断します。

生地は無地や柄物等、多種多様な種類があり、切断方法も違います。ミリ単位の調整を行い職人気質の仕事ですが、次工程の品質を決める非常に大事な工程です。

工程-2

加工

メカ部へ組付けるために生地にプレートを貼ります。生地を取替えられる標準タイプはホッチキスにて打ち込みます。生地が洗濯できるウォッシャブルタイプはミシンで縫います。

工程-3

組立

切断、加工工程を経たアルミ材とロールスクリーンの生地を専用部品とともに組み立てていきます。

組立する製品は「ミズスマシ」と呼ばれる段取り工が作業台に置いてくれます。また、出来上がった製品は検査工程に運んでくれますので集中して組立作業を行うことができます。

工程-4

検査

検査工程ではロールスクリーンのキズ、汚れ等を確認する外観検査とお客様と同様の操作をして不具合がないかを確認する昇降検査を行います。

1台1台の製品に検査員の名前が記されたシールが貼付られます。
お客様に自分の名前が記された製品が届き、喜んでいただき、長期に渡り使用してもらえる責任は大きいですがやりがいのある工程です。

工程-5

梱包

検査に合格したロールスクリーンは取り付け金具と取扱説明書を同梱し1台1台丁寧に箱詰め、最後に出荷用のシールを貼り、お客様のお手元へと出荷されます。
お客様に届いたら、最初に目にしていただく大事な外装です。製品同様、テープの貼り方にもこだわりがあります。

待 遇

  • 年間休日116日
  • 社員食堂有(定食378円で食べられます)*相模工場のみ*
  • 社員預金制度、退職金制度有
  • 永年勤続表彰制度有

賞与は業績に応じて支給、昇給は業績及び評価制度により行います。

収入の目安

リーダー職の平均的な額面金額の例です。(2017年現在)

¥200,000~240,000(各種手当含む)

各種手当

  • 通勤手当
  • 住宅手当
  • 役職手当

勤務場所

相模工場はメーカーの中に工場があり、緑化優良工場に選出された緑豊かな立地です。
栃木工場は本工場がメイン工場で他伊勢山と茂呂山に3ヶ所あります。

相模工場

神奈川県愛甲郡愛川町中津4024
株式会社ニチベイ相模工場内

栃木本工場

栃木県佐野市高萩774-1

私たちはもの作り企業です

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

03-3798-4097

受付時間:月〜金曜日
午前9時から午後5時(土・日・祝日休)


採用情報についてのお問い合わせは
各工場まで直接お問い合わせください。
採用情報はこちら

メールでのお問い合わせは以下のフォームから。